軽い負荷で最大の効果!こんなのやらなきゃ損?

低負荷、短時間で効果がでる加圧トレーニング!

筋力アップをするには、ある程度高い負荷をかける必要があります。一般には最大筋力の66%以上の負荷が必要であり、トレーニングを続けるとより本格的な設備が必須となるのです。この加圧トレーニングでは、人為的に血液を滞留させることで低負荷での筋力アップができるのです。

そのメカニズムはホルモンが!

加圧ベルトで血液が滞留している状態でトレーニングすると、血液中の乳酸濃度が上昇します。この乳酸が筋肉中にある受容体を刺激し、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌を促します。 分泌された成長ホルモンは、身体組成の様々な働きに効果的な影響を及ぼすといわれています。

加圧トレーニングの敷居が高い理由!

加圧トレーニングを自宅でするには、加圧ベルトを購入することは当然ですが、加圧ベルトの適正圧をインストラクターに設定してもらう必要があります。ただし、一度設定すると自宅でトレーニングが可能となります。

注意しないといけないこと!

簡単で、時間がかからず、低負荷で出来る加圧トレーニングですが、注意しないといけないことがあります。高齢者の場合や、循環器系の疾患がある方、高血圧の方、妊娠中の方、重度の障害を持った方などの場合には、不適応である可能性が考えられます。また、加圧トレーニングを自宅で行う場合、適切な加圧ベルトを使用しないで実施したり、長時間使用したり、適正圧以外で使用したりすることが考えられますので、特に注意をする必要があります。

とにかくやってみよう!

加圧トレーニングのリスクは、適切に実施しなかった場合に生じることであり、適切にさえ実施していれば、これほど効率的なトレーニングは無いのです。このトレーニングは、多忙を極める現代社会に対応したすばらしいトレーニングとも言えるのです。

加圧トレーニングなら横浜の店舗を選ぶことで、仕事帰りなどにダイエットや筋力アップなどに気軽にチャレンジできるという利点があります。