無駄毛の悩みは脱毛で解決!どんな方法で行う?

病院で受ける医療レーザー脱毛

まめな除毛処理が面倒に感じているのなら、無駄毛の量を減らして処理の手間を減らすことができる脱毛サロンの光脱毛はとても役立つ施術です。しかし、永久脱毛をすることはできないので、これまで通り無駄毛処理を続けていくという面では変わらないことになってしまいます。医療レーザー脱毛なら、永久脱毛をすることができるので無駄毛の悩みをすっきりと解決することができます。

施術前には除毛処理を済ませておき、そこにレーザーの光を照射してもらうことになります。一週間程度経過すれば、無駄毛が毛根から自然に抜けていくのですが、成長期の毛にしか効果を発揮しません。そのために、退行期や休止期の毛が成長期に入ったころを見計らって再び施術を受けるというのを繰り返していきます。二ヶ月に一度程度のペースで数回受ければ、その部位をきれいに脱毛することができます。

病院で受けるニードル脱毛

美容クリニックによっては、医療レーザー脱毛にプラスしてニードル脱毛が用意されていることもあります。これは、レーザー脱毛では処理ができない部位であったり、処理効果が薄い毛に対しても効果を発揮する方法でもあります。

レーザーは、黒い色に反応させて脱毛を行うのですが、肌表面に黒いものがある部位は光を当てることができません。ほくろの上であれば、ほくろの色に反応してしまうために白いシールを貼って保護してレーザーを照射されるのですが、それではほくろの上の毛は残ったままです。ニードル脱毛なら、ほくろやタトゥーの上の毛でも安全に処理ができます。また、白髪であっても毛の色に左右されずに処理することができます。

医療脱毛は、医師や看護師の立会いのもとで脱毛の施術を行う脱毛方法です。そのため、安全性が高く安心して施術を受けられます。